外国男人在日本:悠闲生活只是幻想

发布时间: 2019-11-09 14:36:41 来源: moriso 栏目: 国际新闻 点击: 255

外国人は日本を、「男性がのんきに暮らせる国」だと思っている。外国人一直认为日本是“男性可以悠闲生活的国家”特に、外国

外国男人在日本:悠闲生活只是幻想

外国人は日本を、「男性がのんきに暮らせる国」だと思っている。

外国人一直认为日本是“男性可以悠闲生活的国家”

特に、外国人男性にとっては天国のような国だ。保守的で年配者を敬う日本では、男性のほうがその恩恵を受けることができる。地位、お金、キャリアも男性が有利。それに加え、たくさんの日本人女性を魅了できる点も、外国人男性が日本に来る理由の一つだろう。

尤其是对于外国男性来说,日本是如同天国一样的国家。在保守且尊敬长者的日本,男性能够受到这样那样的恩惠。地位、金钱、职业等方面男性也有优势。除此之外,很多日本女性着迷于外国男性,也是外国男性到日本来的理由之一。

欧米人男性は日本語を勉強する必要も特にないし、無理に社会に合わせる必要もない。日本人の彼女や奥さんが、そういったことは全部面倒見てくれる。語学を教える仕事をしている人は、日本語の流暢さだって問われることはないし、外国人はセクハラやいじめ、性差別の被害に遭うこともない。

欧美男性不用特别学习日语,不用强行迎合社会。日本人的女朋友或者夫人会全方位照顾他们。从事教授语言学工作的人不用担心日语流畅性的问题,外国人也不会遭遇性骚扰、凌辱、性歧视的问题。

…しかし、これが本当に現実なのだろうか。

......但是,这是真正的现实吗?

♦️ジムのケース

♦️吉姆的案例

20代後半のアメリカ人・ジムは、以前はとても情熱的な若者だった。共産党主義者であり、スターリニストであったという。お酒を飲み、煙草を吸いながら、結論の出ない政治のディベートをするのが好きだった。大学を卒業し、アカデミックなキャリアを築いて、いつか暴動を起こすことを夢見ていが、その代わりに、彼は日本人女性と結婚した。彼が大学を卒業するまでに、二人の子どもができた。

20代后半的美国人吉姆,以前是一个特别有热情的年轻人。他是一个共产主义者、斯大林主义者。喜欢一边喝酒吸烟,一边进行得不出结论的政治辩论。虽然构建了一个大学毕业后的空想职业规划,梦想着某一天发起暴动,却和日本女性结婚了。到他大学毕业为止,已经有了两个孩子。

日本人の奥さんは日本を離れたくないと言う。彼女はジムに安定した職について収入を得ることを懇願した。彼は現在、大学からはほど遠い田舎町で英語を教えている。「これは今だけだから」と自分に言い聞かせてきたが、彼が以前に夢見ていたことを実現させるための資金やモビリティをこの先どうやって手に入れられるのか、見通しはたたない。

他说日本夫人不想离开日本。她恳求吉姆从事稳定的工作,获取收入。他现在在距离大学很远的乡村教英语。他虽然劝说自己“只是现在这样生活”,但是无法预测未来怎么做才能获得实现之前梦想的资金和机动性。

日本は、ある者にとっては”最適な場所”になりえるが、ある者にとっては”落とし穴”でしかない。そして、この落とし穴にはまってしまうのは、外国人女性よりも外国人男性に多い。

虽然日本对于某些人来说是“最合适的地方”,但对于某些人来说只是“陷阱”而已。另外,落入陷阱的人当中,外国男性比外国女性要多。

日本の企業社会は、現在でも圧倒的な男社会だ。女性はほとんどの人が結婚や出産を機に、現役をドロップアウトする。結婚という話になると、日本人は”経済面”を重要視するのだ。女性の情報サイトozmallによる調査にると、「お金が無くても結婚できると思う?」という質問では、72パーセントが『お金がないと結婚できない』と思っていることが明らかになった。

日本的企业社会,即使在现在也是压倒性的男性社会。女性大多以结婚、生孩子为契机,退出了企业。对于“结婚”这个话题,日本人非常重视“经济方面”。根据女性信息网站ozmall的调查,我们可以清楚地知道72%的人对于“你认为即使没钱也能结婚吗?”这个问题的回答是“没钱的话就不能结婚”。

これは欧米的な恋愛観や結婚観とは大きくずれている。例えば、タイム誌に掲載されたピュー研究所が既婚&未婚のアメリカ人成人にアンケート調査したものによると、「一生を共に過ごすために必要な要素は何?」という質問に、“愛”と答えた人が93%であった。次に、「一生の誓いをたてること」、「交わり」であり、日本で重要にされがちな「子どもを作ること」や「経済的安定を得ること」は、アメリカ人にとってはあまり重要ではないことが分かった。

这与欧美人的恋爱观、结婚观大相径庭。比如,登载在《时代周刊》曾登载过皮尤研究中心(Pew Research Center)发起的一项面向已婚&未婚美国成人的问卷调查,调查显示,对于“共度一生的必要要素是什么?”这个问题,93%的人回答是“爱”,接下来的回答是“定下一生的誓言”、“交往”。我们知道,日本人往往认为重要的“生孩子”、“获得稳定的经济收入”对于美国人来说不太重要。

♦️セバスチャンのケース

♦️塞巴斯蒂安的案例

アルバイトをいくつも掛け持ちしながら大学に通うセバスチャン(32歳)は、12年のドイツの軍隊経験がある男性だ。彼は日本で1年間交際した日本人女性にプロポーズをしたが、フラれてしまった。理由は、「彼には将来がない」からだそうだ。日本語を専攻したところで成功できるキャリアが得られるわけでもなく、英語のネイティブスピーカーでもない彼には安定した英語講師の仕事にも就けない。「なぜいつもお金が問題になるの?」と、セバスチャンは疑問に思う。

大学期间经常兼职打工的塞巴斯蒂安(32岁)是一位在德国部队有12年服役经历的男性。他曾向交往1年的日本女性求婚,遭拒。女孩给出的理由是“他没有将来”。虽然专业是日语,却未必能获得成功的职业,他的母语不是英语,所以不能从事稳定的英语讲师工作。“为什么金钱总会成为问题?”,塞巴斯蒂安十分不解。

日本では、「結婚とロマンチックな愛は別物」なのである。結婚後に、かわいくて愛らしかった日本人妻が結婚を機に精神的にも肉体的にも旦那とは距離を置き、自分の全てを子どもに注ぐ”SHUFU”になってしまうのは、このためだ。この日本人妻の変身っぷりに不満をこぼす外国人男性が後を絶たないのも、納得がいく話だ。事実、休める場所であるべきはずの家庭が、男性にとっては新たなストレスとなってしまうわけである。

在日本,“结婚和浪漫的爱是两种完全不同的东西”。因为结婚后,可爱的日本妻子以结婚为契机,从精神和肉体两个方面将丈夫束之高阁,变成全身心投入照顾孩子的“主妇”。对于日本妻子变身这件事心存不满的外国男性络绎不绝,这不难理解。实际上,本应是休息场所的家庭,对男性来说变成了新的压力。

事実、日本は自殺が多い国だが、そのほとんどが男性の自殺である。このように、日本は日本人男性にとっても厳しい社会なのだが、外国人男性にとっては特に厳しい。集団主義のルールや、男女の役割の違い、長時間労働などを当たり前として育てられてきた日本人とは違い、欧米人は違った人生観や理想、ライフスタイルを期待している。例えば、仕事と家庭、自分のための余暇の時間などのワークライフバランスを保つことは、欧米社会では非常に重要だとみなされているが、日本の現代社会はそれをあまり重要だとはとらえていない。

事实上,日本是一个自杀率高的国家,自杀的大部分是男性。因此,即使对于日本男性来说,日本也是一个相当严峻的社会,对于外国男性来说更为严峻。日本人从小被教育集体主义的规则、男女分工的不同、长时间劳动是理所应当的事情,然而欧美人和日本人不同,他们期待实现人生观、理想、生活方式。比如,在欧美社会,保持工作与家庭、个人闲暇时间与工作生活之间的平衡被视为非常重要的事情,然而在日本的现代社会,这些平衡并不被重视。

先ほど紹介したセバスチャンにとっては、大学卒業後に正社員として採用され、安定した職に就くのは難しい。40代手前の外国人は、年齢と国籍という2つの差別の被害者となりうるからだ。それ以外にも、飲み会や社員旅行、配置転換など、外国人にとってはすぐには理解しがたい日本の企業体質がたくさんある。

对于之前介绍的塞巴斯蒂安来说,大学毕业后成为正式职员,就职于平稳的职业是很难的。因为即将迈入40代的外国人可能变成年龄与国籍这两种差别对待的受害者。除此之外,酒会、职员旅行、人员调配等等,存在很多对于外国人来说很难理解的日本企业特质。

本文标题: 外国男人在日本:悠闲生活只是幻想
本文地址: http://www.aqhwyy.com/guoji/2895509.html

如果认为本文对您有所帮助请赞助本站

支付宝扫一扫赞助微信扫一扫赞助

  • 支付宝扫一扫赞助
  • 微信扫一扫赞助
  • 支付宝先领红包再赞助
    声明:凡注明"本站原创"的所有文字图片等资料,版权均属安庆海王新闻网所有,欢迎转载,但务请注明出处。
    美国航空推迟波音737MAX复飞时间至2020年3月5日墨西哥发现14头猛犸象遗骸 或为最大规模发现
    Top